スポンサーサイト

2017.09.12 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    再び岩手へ。

    2011.07.19 Tuesday

    0
       

      7月の2週目。
      再び、岩手県山田町へ。

      わかき保育園の前をお借りして、
      炊き出しをしました。

      ちょっと長くなりますが、ぜひ見て、読んでもらえたら嬉しいです。↓

      真夏のような、ピーカンの日でした。
      すいかも、とっても喜ばれました。

      甘くておいしい! とおじいちゃん。



      駄菓子もたくさん。




      大人気のフランクフルトと、鶏肉。


      こども達も大喜びでした!




      冷やしきゅうりと、トマト。


      ちびっこも豪快にトマトをぱくり。




      今回は、チェキを持参して、
      撮影し、その場でプレゼントしてきました。
      とっても喜んでもらえました。




      こどもたちには、
      お絵描きもしてもらいました。



      はしゃぐ はしゃぐ

      オレンジジュースどうぞ。
      と持ってきてくれました。




      この子の夢は、
      「自衛隊になること!」

      おばあちゃんと一緒に来ていたので、
      2ショットで撮って、プレゼントしました。

      私のALBUSに書いてくれたのは、仮面ライダー。


      おばあちゃんは、

      「久しぶりに、笑顔で写真を撮ってもらえて、嬉しかった。ありがとう。」

      と書いてくれました。



      「流されちゃって手元に写真がないから、
      こうやって、写真を撮ってもらえて、嬉しい。」


      おばさんたちからも喜んでもらえました。
      チェキのおかげだな。



      盛岡のOOD(ウード)さんのスマイルクッキーや、
      あっきいが持参した、ひまわりの種も人気でした


      Sさんが送って下さったピアノ。

      保育園の先生も、こどもたちも、
      とっても喜んでいました。

      毎日使っているそうです。
      この日は、
      ”きらきらぼし”を歌ってくれました。

      七夕の願い事

      「ゴーカイジャーになりたい」
      「あかいくるまがほしい」
      「プラレールがほしい」

      「みんなの家が建ちますように」





      その後、
      前回炊き出しをした消防署の前へ移動。

      こどもからお年寄りまでたくさん。
      集まった物資の中から
      必要なものを持っていってくれました。


      そこから少し下ったこの写真の位置まで、
      津波がきたのです。
      写真の右側には、家がたくさん建っていたのです。
      以前あったたくさんの瓦礫は、ここからなくなり、一カ所に集められていました。


      タバコ屋のおばちゃんや、
      漁師のおじさん、
      小学生、
      さまざまな方と会い、話をしました。


      以前の炊き出しの時に、
      私の名前を覚えてくれたおばあちゃんは、
      おうちに伺うと、

      「山本さん、また来てくれて、本当に嬉しい。。これ、持っていって。」

      と、台所から冷凍した魚を持ってきてくれました。
       
      お気持ちだけ頂いて、、
      また来ますね!と約束してきました。


      大変な状況は変わらないのに、
      私にお土産を渡したいと言ってくれるおばあちゃん。

      胸がいっぱいになりました。。


      漁師のおじさんは、

      目に涙を浮かべながら、
      笑顔で私にこう言いました。

      「8月は、うに。11月はあわびがとれるんだ。
      この海のは、本当に美味しいんだ。
      今は、漁が出来ないから、仕事もお金もないけど。。
      良くしてもらったお礼に、漁が再開したら、食べてもらいたい。。」


      漁の再開の、その時には
      駆けつけますから!!
      そして、
      その大切な日を写真に残させてください。

      と約束をして帰ってきました。



      まだまだ、
      被災地の大変さは変わりません。


      物資や、炊き出しの為の資金を、
      私の友人の羽子が窓口になって、募集しています。

      どうか、少しでもご協力頂けたらと思います。

      被災地の方々の為に、、力になれたらと思っています。
      よろしくお願いします。

















      スポンサーサイト

      2017.09.12 Tuesday

      0
        関連する記事
        コメント
        素敵な写真を見せてくれてありがとう。

        この笑顔が戻るまでさぞ大変だったのでしょうね。
        そして今でも・・・

        でも、現地の方たちの笑顔を拝見して、ちょっと安心しました。

        どうか、この笑顔がこれからもっともっと膨らんで、今まで以上に素敵な街になって行きますように。
        • by Amorchiko
        • 2011/07/20 3:42 AM
        コメントする