スポンサーサイト

2017.09.12 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ざーざー

    2010.05.24 Monday

    0
       
      フォトグラファー山本彩乃




      雨がざーざー降っていますね。


      明日からロケで静岡に行きます。
      なんとか天気は大丈夫そうで、ほっとしました。




      先日は撮影のあと、コマフォトの坂田さんと、事務所の稲冨さんとご飯に行きました。

      いろいろな話をして、楽しい時間でした☆


      表参道のお店にいたので、2軒目から、仕事終わりのうちの主人も合流。

      時間はあっという間にすぎてしまいますね。


      また行きましょう〜。









      隠岐の島

      2010.05.02 Sunday

      0
         
        フォトグラファー山本彩乃



        四月に撮影で訪れた、島根県の離島、隠岐の島、海士町(あまちょう)。


        何もかもが、
        大好きです。


        こんなに美しい場所が、日本にあったんだと、
        思わずにいられませんでした。



        そして、なにより、
        あたたかい出会いが、たくさんありました。



        奇跡


        としか言えない様な、


        たくさんの偶然によって
        必然として
        出会えた、おじいちゃん。



        島根の神さまが
        出会わせてくださったんだと思います。



        一泊しかいられなかったけれど、
        もっと長くいたような、とても濃い時間でした。
        心の故郷ができた、と
        大げさでなく、
        本気で思えたのです。


        思い出さない日はありません。



        必ず
        また行きます。



        その日を思うと楽しみで楽しみで、
        しょうがないのです。










        心の琴線

        2006.09.17 Sunday

        0
          新しいHP作りました。
          こちらはライフワークで撮り続けている『二人の記録』
          是非、ご覧下さい☆




          人から必要とされた時

          人の心と繋がった時

          あったかいものが体中にめぐる
          なんとも言えない感動がそこにある


          以前私が撮影した女の子が、今日お母さんと会いに来てくれました。写真、お母さん共々本当に気に入ってくれたみたいで、とても嬉しかった。お姉さん(私)に会いたくて来たんだけど、来てみたらこの子恥ずかしくなっちゃって、なかなか声がかけられなかったんですよ、とお母さん。 その後ろで、とびきりの笑顔を見せてくれた。撮影のあと、私の似顔絵を丁寧に描いてプレゼントしてくれたの、部屋に飾っているんだよ。
          パワーを、たくさんもらってるよ。ありがとう。ちっちゃな体から、おっきな幸せをもらった日でした。


          青の時

          2006.05.23 Tuesday

          0

            alone

            2006.05.17 Wednesday

            0

              くじら雲

              2006.05.15 Monday

              0

                くももくもく

                2006.05.12 Friday

                0

                  moon

                  2006.05.10 Wednesday

                  0

                    はじめまして

                    2006.05.09 Tuesday

                    0

                      月がでていた。

                      手をのばして
                      つかみたいのにつかめないもどかしさ。

                      あのカケラに触れたなら

                      ここからでていけるかな

                      1